インプラント

implant_IMG

インプラントに対して不安をもつ必要はありません

二年半ほと前にインプラントを入れる決心をしていろいろと調べ3箇所ほど歯医者をはしごして、その中から一箇所に絞って実際に奥歯に施術してもらうことにしました。
最初は実はとても不安なことが多かったのも事実でした。
特にあごの骨に台座を固定しなくてなならないというのはなかなか刺激的な話で、大変な手術になるのかと思っていましたが、抜歯したあとの穴をすこし切って簡単に台座を固定することができ、実に短時間に手術自体は終りました。
先生から言われた話ですが、すべての歯はあごの骨にくっついているので、骨に固定させるということ事態はそれほど驚くべきことではないというお話でした。
実際骨に固定させることよりも歯茎と馴染んで安定化し、しかも歯周病にならないようにすることのほうが、もっとも時間がかかったことであると思います。
やはり歯茎との相性が悪いと腫れあがったり歯茎がさがってしまい台座が露出してしまったりと、様々なことが起こるため、とにかく安定化させるのに気をつかっていました。
幸いなことに下の奥歯というのは鏡で自分でも簡単に状況を確認することができたため、異常に不安になるということはありませんでしたし、事前に先生に色々な話をきいて、質問もしていましたので、大きな不安はありませんでした。
さらに実際に手術をして台座を取り付けてからはさらに不安は遠のくことになりました。
想像していた以上に安全な感じがしましたし、実際の術後の経過などをつぶさに見ているうちに依然として歯科治療の一部であることを確信することになりました。


あごの骨に台座を埋め込み、周辺の歯茎が形成されて歯らしくなっていくにに時間がかかることは確かですが、歯の治療であることは紛れもない事実です。
チタンの台座を埋め込むという作業とそうしたプロセスを撮影した写真がかなりものものしい感じになっていることから、通常の歯科治療とかなり異なるものというイメージが強くなりがちですが、全体は歯医者さんが行う治療のなかのことなので、それほど心配はいりません。
実際親しらずなどを抜く時にもかなり苦労をして歯茎を切開して抜いていくといったこともあるわけですから歯茎を切っていくという行為事態はそれほど心配することではないことも事前説明で納得しましたし手術をしてもらって理解することができました。
むしろ、もともとあった痛んだ歯を抜いた後が大きな穴になったことのほうがよほど驚きで、その穴がふさがらないうちに台座を固定してので大きく切開することもなく、意外に簡単に手術がおわったことのほうがあっけない感じがしたぐらいでした。
全体の治療がどうなっていくのかがわからないと、とかく不安も募るものですが、先生に説明を求めれると、かなり細かく治療の方法と時間のかかりかたなどをご説明いただけますので、それだけでかなり不安が解消します。
実際に治療がはじまると自分で理解していたのと同じ感じで進んでいくことになりますから、ますます不安は解消していきました。
とにかく個人的な経験からいいますと、事前に質問に十分答えてくれて、安心できる先生にかかることです。
治療の全容もあらかじめ見えていれば心配はかなり解消されます。