インプラント

implant_IMG

インプラントの術式についての説明

インプラント手術を2年半ほど前に受けるにあたって術式について詳しい説明を受けましたのでご紹介します。
雑誌の記事やインターネットなどでもよく出ていることですが、インプラントの術式には一回法と呼ばれる、一度台座を埋め込んだら頭の部分をだしたまま定着させる方法と、二回法とよばれる一度はぐきの中に埋め戻して定着してから切開して人工歯をつける方法があると見聞きして知っていました。
これは単純に手術をする先生がどちらが得意かで決まってくるものなのかと思っていたのですが、いろいろ説明を受けるとどうやらそういうことではないことがわかってきました。
まず、台座を固定する骨の量が十分に確保されている場合には基本的に一回の手術で治療できる一回法を選択するそうです。
この場合は手術当日に骨に穴を開けてフィクスチャーと呼ばれる台座のねじのようなものを埋め込み手術は完了で、その後3ヶ月程度様子を見て骨と結合したところで型どりをして人工歯をとりつけて完了といった治療法になります。
私の場合もこの方法で完了させました。
この方法では、術後とにかく歯周病に気をつけながら定着したかどうかを定期的に確認してもらい、ほぼ三ヶ月ちょっとで完成させていくというもので、埋め込みが終わりますと見る見るうちに歯茎がもとの形に戻ろうとしてきますので、ほどなく元の歯茎の感じにもどっていくことがわかります。
装着したフィクスチャーも特段違和感はなくなっていきますとので、骨の部分と結合していくのがなんとなく実感できるような状況で、術後も殆ど痛くありませんでした。


一方骨の量が少ない場合は、このように簡単にはいかないそうで、そのままではインプラントの埋め込みができないケースでは、まず骨を補強するため、体内のほかの骨を移植して補強するといった手術を施すそうです。
また人工骨と呼ばれるカルシウム系の素材でできた骨の継ぎ足し補強剤のようなものを利用することもあるそうで、こうした手術がからんでくると二回法で実施していかざるを得なくなるそうです。
こうした手術の場合には術後半年近くをかけて再生治療をしていくこともあるそうで、一端埋め込んだ台座を安定したところで切開しインプラントの支台を接続してさらに一ヶ月程度安定させて、やっと人工歯をかぶせる作業を行うということでした。
したがって二回法でしか治療ができないということになると、かなり大掛かりな治療になるようで、成功しないケースも多くでてくるということでした。
たしかに骨の足りないところに継ぎ足すという作業までしてしまうことになると骨自身あ安定しなくてはならないでしょうからかなり時間もかかるものと思われます。
したがって、骨のレントゲンをとっていただいて一回法でいけるということになれば比較的簡単に治療が進むようですし、下の奥歯で骨がしっかりしているところは治療が楽であるというお話も非常に納得ができた次第です。
最近ではかなり様々な治療例も出てきているそうですので、そうしたケースを参考にしながら最適な治療を選んでいくといった動きになってきているようですが、やはり難しい事例というのは相変わらずあるそうで、成功率を高めるためにさらに努力をされているとのことでした。 そんなインプラント治療を行うメリット・デメリットがhttp://www.accademiaimmagine.org/Merit.htmlに載っていましたのでご覧ください。