インプラント

implant_IMG

インプラントの術後は術式次第です

一回法という術式で1本下の奥歯をインプラント手術しましたが、ほぼ手術から3ヶ月弱で人工歯を入れることができて完全に終了することができました。
これは台座をあごの骨に取り付けて安定化するまでの時間次第ということになりますが、一回法ではインプラント体の頭を外に出して術後の経過を見ていきますので追加の手術等が一切いらないことから全体のスケジュールとして早く進行していくことになります。
術後はすぐに仮歯もつけてもらいましたので、とにかく食後に食べ物が歯茎に残らないようにして歯肉炎対策をしっかりするように言われました。
実際鏡を使って目視でみて確認できる位置にありましたので術後ケアも簡単で、ほぼ1週間から2週間に一回歯医者にも通うことになりました。
下の歯であることと1本だけの治療ですと術後はかなり早いペースで歯茎ももとにもどっていきますので1ヶ月もしますと完全にみた感じはもとにもどったようになります。
あとは骨とインプラント体が結合してしっかりするのを待つ感じで、3ヶ月目ぐらいには埋め込んだ部分もまったく気にならなくなります。
台座が安定したところで歯型をとりなおして、セラミックの人工歯をつくってもらい装着すればすべて完了ということになり、だいたい手述から3ヵ月半ぐらいがすべてのスケジュールということになります。
その間ほとんど痛みもありませんし、外傷もなくなりますので、あくまで経過治療で安定化を待つだけということで、非常に楽な治療を行うことができました。
これが私の場合の1本だけの治療の術後ということです。


ただ、同じ病院に通っていた患者さんでブリッジのような形態のインプラントを二回法とよばれる二度週術で定着化させるやり方で進めていたかたは、一回目の手述から半年してまた二回目の手術をし、そこで定着してはじめて人工歯を型どって装着する作業をしたそうで8ヶ月以上かけて術後通院されていたそうです。
したがって簡単なのは、条件んがそろった案件についてのみのようで、難しい案件はやはり時間もかかるようで術後もいろいろ気にしながら生活することになるようです。
ですからほぼ同様の手述を行った患者さんから、その話を聞かれないとあまり参考にならないのではにかというのが個人的な印象です。
そのぐらいインプラントの手述は個体差があって、個別に状況が異なるようです。
したがって施術方式によってもかなり成功率に違いがあるようで、間違いなく難しい案件というものも存在するようです。
さらに頤の骨が不足していて、自らの骨を別のところから移植してきたり人工骨をつかって形成するといった付帯的な手述を行うことになるとやはり難易度が高まるようでケアも非常に厳密に行っていくことが要求されるとのことです。
一口にインプラント手述といいますが、そのレベル、時間、費用を含めて実に様々なケースがあって一括りで話をするのはかなり難しいようです。
ただ、最近ではかなり様々な症例がでてきているので、先行事例をいろいろ調べてみると実際に手述したあとにとのようなプロセスになっていくのかはかなり判りやすく説明してもらえるようになってきているようです。
担当の歯科医の先生にしっかり説明を受けることが重要です。