インプラント

implant_IMG

インプラント治療後はメンテナンスが重要

若いながらもあまり歯磨きが得意ではなく、気が付くと歯並びがガタガタに。
大人でも矯正が出来ると聞いたので矯正やインプラントが得意な歯科医を探して受診したところ、歯ぐきの下の骨の部分がかなり弱っているので矯正は出来ない。
インプラントをやりましょうということになった。
よくテレビで報道されている悪質なインプラント歯科医は受診した当日に手術したり、事前の治療もせずに手術したなどと言われているが、本来の治療というものはまずもろくなっている歯ぐきの下の歯の土台となる骨の部分を強くして、その他の歯も歯周病治療や骨の治療も行って、土台の歯がしっかりした後に初めてインプラント手術を行っていくというのが主流だ。
確かに本来はアスファルトのように固い地面に電柱を建てなければいけないのに、地面が砂地のまま電柱を建ててもすぐにまた倒れてしまう。
私が受けた治療はまず他にある虫歯の治療。
そしてレントゲンで見て歯ぐきの下の骨が無くなっていたりもろくなっている個所をチェックし、歯ぐきを剥がして骨を削り、低いところは他から骨を持ってきて埋めるという作業をしたらしい。
聞くだけで怖いが麻酔をしているので特に痛みは無い。
その骨が3カ月ほどで固まるので、強くなった土台、歯ぐきの下の骨が強くなったことを確認し、いよいよボルトを埋め込む。
歯ぐきの下の骨にボルトを埋め込み、歯ぐきの上から出ているねじの部分んに仮歯が被せられる。
ボルトが骨に固定されるまでまた3カ月ほど待つ。
そしていよいよセラミック歯がボルトと接合されインプラント手術が終了する。


治療後は定期的に検査を受けるために歯科医を受診することになる。
まず手術翌日~3日間、1週間後は消毒のため。
最初の数カ月は月1回経過を見せるために受診する。
と同時にどうしてこういう歯になってしまったかといえばちゃんとした歯磨きを怠ったからであり、その歯磨きの仕方を正さない限りは高額のインプラント治療をした歯もまた同じように崩れ落ちてしまうのだ。
腫れや痛みが落ち着いてきた頃から助手さんの歯磨き指導があり、その後毎月受診するとまずは歯垢などが付いてないか、歯磨きが適正に行われるかどうか厳しくチェックされる。
特にインプラント部分は他の歯ぐきとは違った形状をしているので(歯ぐきの部分が少なく歯がほぼ根本から表に出ている)、その段差もしっかり磨き、部分用歯ブラシも使って歯と歯の隙間、かなり細かい歯ぐきと歯の間も磨けるだけ磨いた方が良いと言われた。
今まで色々な歯医者に通ったがこのように徹底的に歯磨き指導をしてくれたところは無かったので、今後残りの歯を守るためにも今の歯医者で歯磨きチェックをしてもらうのはとても良いと思っている。
事実歯科医の方も手術した歯を守るため、残りの歯を最後まで守るためにも歯磨き指導は徹底させているのだと言っていた。
手術から1年2年と経っていくと2~3カ月に1度の受診で大丈夫だが、だんだん歯磨きがおろそかになってくるのでお口のクリーニングと割り切って歯磨きチェック兼自分自身の引き締めにも歯医者の予約を入れるようにしている。
頑張って磨いていた時はちゃんとよく磨けてますよと褒められるので嬉しい。